洗剤に頼らない洗濯は、水質を守り植物にもやさしいスタイルです。マグネシウムを使った商品などをご紹介します。

洗濯マグネシウムとは?

Items
マグネシウム洗濯で、すっきり!

「マグネシウム」と聞いて、洗濯をイメージする人はまだ少ないでしょう…
簡単にご説明します♪

マグネシウムとは

マグネシウムの効果
◎マグネシウムを水に溶かすとアルカリ性の水(水素水)になり、皮脂・タンパク質・炭水化物などの汚れを落とす効果があります
回転した水に入れると、さらに効果が出ます!

◎マグネシウム水には、臭いの元となる「菌の発生・繁殖」を防ぐ力があります。
洗濯漕や排水管まで自然に洗浄してくれます!

◎拭き掃除に使って床もピッカピカ♪

◎トイレの水槽タンクに入れておくと、便器がきれいになるという噂もあります✨

◎植物に与えると、マグネシウムが光合成を助けるので元気になります。
マグネシウムがすっかり溶けてしまうまで、ずっと使えます。小さくなったら植物にあげてもgood!

◎お肌に潤いを与えるので、マグネシウム入浴もいいですね! もちろん安全です。

マグネシウム洗濯の方法

①洗濯物と一緒に「マグネシウム」を洗濯機に入れる。(アルカリ水の効果が増すといわれているので、余裕があれば洗いの時間を5分程度増やすことをお勧めします。)

②あとは、普通に干すだけです!
部屋干しでも臭いが気になりません!

※泥汚れやガンコな汚れには、下洗いした後、洗剤(少量)の併用をお勧めします。
塩素系の漂白剤の使用は避けてください。柔軟剤は可。
※乾燥機使用の際は、マグネシウムを取り出します(風通しのいいところに保管)。

ネットの柄・形は変更することがあります。中のネットは劣化することがあります。(市販のネットや野菜ネットで代用ください)

マグネシウム使用量

マグネシウム200gで洗濯物9㎏ 水量65ℓ 対応可能です。 
一般家庭での洗濯機使用であれば、マグネシウム200gで大丈夫です。

マグネシウムのお手入れ

マグネシウム洗濯を続けていると、粒に膜を張ったように黒ずんでいきます。
効果が落ちるので、数か月に一度お手入れしましょう♪

マグネシウムをネットから取り出して器に入れ、水500ccにクエン酸(100均でも購入可)小さじ1杯を溶かします。かき混ぜながら泡がでてくるまで様子をみてください。5分ほどでマグネシウムに輝きが戻ります‼

しっかり水洗いしてクエン酸を落とせば、またネットに入れて使えます。

クエン酸を入れると、泡が出てきます。しばらくかき混ぜます。
輝きが戻り、効果もアップします!

SDGsとマグネシウム

冒頭に出ている「SDGs(エスディージーズ)」とは?

国連のサミットで決められた「持続可能な開発目標」の略称で、国際社会共通の目標です。
誰一人取り残さないことを目指し、先進国と途上国が一丸となって達成していくことを目標としています。

貧困や飢餓などの問題から、教育やエネルギー・街づくり・平和に至るまで、あらゆる問題への解決を目指しています。

SDGs(エスディージーズ)とは、持続可能な開発目標の略称です。14の「海の豊かさを守ろう」のロゴマークをよく使わせてもらっています♪

SDGsは先に記載した通り、17の「持続可能な開発目標」のことです。
今回は環境編ということで、マグネシウムに関わるお話です。
簡単にいえば、「この地球に住む生物がずっと幸せに暮らしていくために、小さなマグネシウムを使って環境にいいことやっていこう♪」ということです。

人間が快適を求めて生きる(経済や便利さを優先する)ため、空気・海・森林・動物も含めて地球に負荷がかかり、公害や環境破壊・地球温暖化など様々な問題が山積しています。

個人の生活でいえば…生活のために台所や洗濯で水や洗剤を使うし、石油やガス・プラスチックも使います。使い捨て製品は便利ですが、使用後はゴミになり焼却すると二酸化炭素や有害物質を排出します。生活排水は下水処理後、川や海に流していきますが、未処理のまま河川に放流されている地域もあり環境汚染の心配があります。

環境にやさしい上質の洗剤を使っている方もいますが、環境に悪いと思いつつも安価な合成洗剤を使っている人も多いです。

このマグネシウム洗濯は、一度手に入れたら半永久的に使える上、マグネシウム水は環境にも優しいので、大勢の方が使っていくことにより水質を改善することが期待できます!

マグネシウム200g 1,500円 ネットでも販売します。

詳しくは、以下のサイトで分かりやすく説明してあるので、ぜひご参照ください。
https://m.youtube.com/watch?v=YkN0McnPwkk 
(マグネシウム洗剤の使い方 動画)

小さないい事(あかり)も集まれば、光輝く力になります。一緒に始めてみませんか?